HTMLだけじゃ地味?CSSの書き方とオススメのコード

CSSの書き方とファイルの設置方法

CSSは基本的に、HTMLファイルの中に書くことができ、HTMLファイルの外部にあるCSSファイルに書くこともできます。HTMLファイルの中に書く場合は、style属性にしたりstyleタグの要素にしたりして記述しますが、管理するのに難があります。一方、CSSファイルによってHTMLファイルを外から規定する書き方の場合、スタイルシートを定めるコードを一元化するものとして管理しやすいといえます。
その場合でもHTMLファイルとCSSファイルをリンクする必要はありますが、一度リンクすればCSSファイルはスタイルを定めることに専念できます。そのとき、HTMLファイルもスタイルに関する記述が無い分すっきりしたものになります。

floatまでは押さえておきたいCSSのコード

CSSの簡単な使い方としては、文字や背景の色や、文字の大きさなどをコードで規定することです。色は数値や色の名前で指定することができ、文字の大きさは数値や割合で指定できます。
次に覚えると良いのが、marginやpaddingなどの余白を定めるコードです。それらは、コンテンツの周囲のスペースを定め、コンテンツを見やすくする作用があります。
そして、最後にお勧めなのがfloatです。floatは、2段以上のカラムにしたりするときに使うコードであり、それを使用するとより実用的なホームページに見えます。ただ、floatを設定するには、marginやpaddingといった要素でち密な計算ができるようになっている必要があり、その点をマスターしてから取り組むと良いでしょう。